夜逃げをするとどうなるか

お金が返せなくなって夜逃げしたらどうなりますか?

 

お金が返せなくなって夜逃げしたら、キャッシング会社の取り立てが間違いなく追ってくる事となります。貸金業者ですから、債権(借金)回収は仕事の範囲内ですから、これは仕方がない事です。よってキャッシングの返済で行き詰まったからといって逃げても良い事はありません。

 

仮にキャッシングの借金から夜逃げしたとしましょう。貸金業者からの借金の時効は5年です。

 

5年の間、ずっと住所登録もせずに逃げ切る事が出来るでしょうか。住所登録していると、そこで足が付いてしまいます。つまり、キャッシング会社が逃げた先の住所に押しかけて来る訳です。

 

住所不定の状態で定職を見つける事が出来るでしょうか。

 

おそらく無理です。

 

定職に就く事が出来なければ、生活費を満足に稼ぐ事が出来なくなります。保険を取得する事も難しくなりますので、病気や怪我になれば自費で治療費を支払う事となります。
だからと言って住所を固定すれば、取り立てがやってきて支払いを強要されてしまいます。

 

そこで支払いを行うと、時効はその返済した日から5年です。つまり、時効が伸びる訳です。

 

このように考えると、キャッシングの借金から逃げる行為が如何に不利か御理解いただけるのではないでしょうか。

 

正直、債務整理で自己破産を行なって、1から生活をやり直したほうが良いです。返済で困った時の豆知識として覚えておいてください。