サラ金の金利

どうしてサラ金の金利はあんなに高いのですか? 

 

簡単な手続きでお金を借りられる反面、サラ金のキャッシングは金利が高めに設定されています。ときには利息が利息を生んでしまい、なかなか思うように返済が進まないこともあります。銀行などの金融機関のローンと比べて、サラ金のキャッシングの金利は何であんなに高いのかと疑問を感じる人は多いのではないでしょうか。

 

サラ金のキャッシングと金融機関のローンを比較した場合、相違点として利息の計算方法があります。基本的にはサラ金のキャッシングの利息計算は融資を受けた日数分利息がかかる日割り計算が行なわれます。

 

そのため、サラ金のキャッシングでお金を借りた後、すぐに返済を完了してしまえば利息はほとんどかからないことになります。しかしながら、サラ金のキャッシングの場合、多くの人が一括ではなく返済を均等に行なっているため、利息が利息を生み出すことになり、非常に高金利だと感じてしまうのです。

 

それに対して金融機関のローンでは月割り計算が行なわれることになります。つまり、金融機関でお金を借りた場合、すぐに返済を完了しても最低1ヵ月分の利息はかかることになるのです。

 

また、サラ金のキャッシングの場合、その利用にあたっては保証人を必要としません。さらには金融機関のローンのように担保を提出する必要もないため、業者側ではある程度の貸倒れによる損失を計算に入れた上で、金利を高めに設定しているのです。