ブラックリストとは

ブラックリストに入ると何ができないようになるんですか?

 

ブラックリストに入っているから、銀行系大手キャッシング会社の審査に落ちたり、住宅ローンが組めない、という話をたまに聞くことがあります。

 

しかし、現実にはブラックリストというリストが存在するわけではなく、例えば、信用情報機関において、何らかのローンなどの支払いが遅れると未入金が記載され、その未入金が2ヶ月を越えると異動という記録に変わります。

 

その異動と記録された状態がブラックになります。ですので、厳密にいえばブラックの人だけを記載したブラックリストはありません。

 

信用情報機関に記載されている、事故情報のことを、ブラックリストといいます。

 

事故情報というのは、何らかのローンやキャッシングでの延納、滞納したときの記録だけではなく、自己破産など返済に滞った時の情報全般になります。

 

仮にブラックリストに入ると、今使っているクレジットカードが利用できなくなるだけではなく、住宅ローンなど各種ローン、やキャッシング会社の申し込みをしても審査に落ちることになります。

 

ブラックリストに記録された情報は、個人では事故後から5年間記録として残ります。

 

この期間が過ぎるまでは、原則としてクレジットカードを所有したりローンを組むこともできなくなり、社会的信用がなくなります。