カードローンの違い

銀行系カードローンと消費者金融の審査基準の違いを教えて下さい。

 

カードローンと言うのは、審査によって定められた利用限度額の範囲の中で繰り返し利用知ることが出来ると言う特徴が有り、月々の返済はリボルビング方式で行っていくことになります。

 

尚、カードローンと言うのは、大きく分けると銀行系カードローン、消費者金融系カードローンの2つに分ける事が出来ます。

 

銀行系カードローンは、審査は厳しいものの、低金利であり高額の利用が可能になります。

 

一方、消費者金融系の審査は比較的緩いのが特徴で、銀行系カードローンと同じように高額のカードローンの利用は可能ですが、消費者金融は貸金業者に分類されますので、利用額はあくまでも年収の3分の1以内と言う事になります。

 

これに対して銀行の場合は総量規制の対象外となりますが、年収や勤続年数に応じた審査基準が在るのが特徴です。

 

この事からも、銀行系では年収や勤続年数が審査基準となり、利用限度額が定められ、消費者金融の場合は年収の3分の1以内での貸し付けとなりますので、年収が多いほど利用額は多くなると言う特徴があるのです。

 

また、銀行系、消費者金融系どちらの場合も、高額のカードローンの申し込みを行う場合は、収入証明書の提出を要すると言う共通点が有りますが、審査基準の違いは総量規制の対象になるかどうかで変わってくるのです。