お金が返せない

もし借りたお金を返せなくなった場合、どうなるんですか?

 

キャッシングをご利用したら借りた分に利息を付けて返済することが必要です。昔の消費者金融ではグレーゾーン金利と言って利息制限法の上限以上かつ出資法の上限以下で貸付しているところがあり、利息20%以上何て言う高金利もありましたが、最近では利息制限法の上限を超えてはならないと決められています。

 

もしキャッシングでお金を返せなくなった場合は職場に電話連絡されることはありません。自宅に取り立てに来て厳しく催促されることもありません。返済を滞納してしまった時は自宅へ返済が確認できないとお電話が掛かってくることが多いです。

 

キャッシング会社では遅延損害金というペナルティーを設けていますが、いきなり課せられることは少ないです。しかし自宅へかかってきたお電話後にも返済に応じないと遅延損害金が発生します。遅延損害金は通常のキャッシングの金利より高めに設定されており、遅れれば遅れるほど利息のように負担が増えてしまいます。

 

ご利用限度額の減額や、新規借入が出来なくなり返済のみのご利用になったり、最悪の場合はブラックリストに掲載されてしまう事があります。そんなことになる前に毎月の約定返済額の減額に一時的ですが応じてくれる場合がありますので、返済が厳しくなったらお早めに連絡しておくと良いです。